【京都銭湯】「サウナの梅湯@五条」ジャズが流れるサウナ&地下水水風呂が最高!

京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

スポンサーリンク

Lico
世界のサウナトラベラーLico(@SaunaLico)です。

もしかしたら今や京都で1番有名な銭湯かもしれない

『サウナの梅湯』

五条楽園の高瀬川沿いに佇む昔ながらの銭湯サウナ、と思いきやには銭湯内には工夫がいっぱい!

ノスタルジーとモダンが絶妙に融合された、なんとも心地よい空間

で、銭湯好きのみならず、京都好きも、日本文化好きも、外国人ですら唸らせる銭湯ではないでしょうか。学生時代、すぐ近くの京阪五条に下宿していた私としては、個人的にも想いがこもる銭湯&サウナタイムとなりました(^-^)

早速、ご紹介していきます!

京都銭湯「サウナの梅湯」の外観

▼四条からのアクセスは高瀬川沿いを下ります。
京都駅からも徒歩圏内です。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼角にドカーンと見えてきた『サウナの梅湯』
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼別の角度から。高瀬川目の前のロケーションです。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼レンガと白壁という洋風を思わせる外観に
「ゆ」ののれんと提灯。
萌えるのは私だけでしょうか(笑)
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼営業時間は以下です。
土・日は朝風呂があり私は土曜日の朝に利用しました。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

2018年12月時点の情報です。

▼では早速のれんをくぐり中へ!
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

京都銭湯「サウナの梅湯」潜入ルポ!

脱衣所手前までは撮影OKいただけたので、画像たっぷりでご紹介していきますね。

▼下駄箱を見上げたら…
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼壁や天井に梅湯グッズやポスター
左の男性…梅湯の店主である「湊三次郎」さんですね。
廃業の危機にあったサウナの梅湯を受け継がれたそうです。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼入口入ってすぐにお米とか野菜とか売ってた。
車で来てたら新米欲しかった…。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼こちらは番台。430円(サウナ代込)と
貸しタオル30円を支払います。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼脱衣所までの空間です。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼所狭しとパンフや本が置かれていて
その中にはレトロ映画館やあまり
得られない通な京都情報などがあり
すごいセンスの良さを感じます。
(偉そうにすみません…m(_ _)m)
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼お風呂上がりにお酒、ソフトドリンクもあります。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼外スペースですが喫煙所もあります。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼脱衣所の天井がステンドグラス風?でめちゃお洒落!
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼萌えまくるのれん。外国人とかめっちゃ写真撮りそう。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼で、見つけたのが2Fへの階段
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼このような空間になっておりました。
この場所は休憩ルーム、展示orイベントスペース
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼そして”タトゥースタジオ”としても
最近リニューアルオープンされたそうです。
ちなみにサウナの梅湯さんは入れ墨・タトゥ-OKです!
湊三次郎さんの見解」をブログで書かれているのでシェアしてみます。
個人的にはタトゥ-をファッションとして楽しむ
カナダやオーストラリアに以前住んでいたり
身近な友人も何人かタトゥーいれているので全く
抵抗はないのですが、色んな価値観があるのだと思います。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼お風呂上がりに2Fでフルーツジュースいただきました。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼窓からは高瀬川が眺められます。
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼では戻って早速お風呂へ!
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

▼お風呂はだいたいこんな感じです。
記憶違いあったらすみません…m(_ _)m

▼画像をお借りしました!(男湯)

引用:http://beacon-kyoto.com/spot/S0000000776.html

京都銭湯「サウナの梅湯」高温サウナの感想

引用:http://beacon-kyoto.com/spot/S0000000776.html(男湯)

サウナの温度は男女共に90度以上!

Lico
高温サウナは90度以上設定とのことですが、私が訪れた日は98度!高温ですが、湿度高めで良い汗かけるサウナです(*^^*)

TVなし&なんとBGMがジャズ~~♪めちゃくちゃお洒落だ~。サウナにジャズってどなたが思いついたのでしょうね。私はこのポイントが1番心を鷲掴みにされました!

すっごい合うんですよ、サウナにジャズが!

サウナはガラス貼りになっていて、浴場が見えます。ぼ~っと浴場を眺めていたら…ちょっと瞑想状態にはいってしまい、カフェで道行く人を眺めている錯覚がおきまして…ハッと我に返り水風呂に入りにいったのでした。

京都銭湯「サウナの梅湯」水風呂の感想

引用:http://beacon-kyoto.com/spot/S0000000776.html

水風呂の温度はその時の地下水の温度!

Lico
水風呂は地下水をそのままひいて流しているという贅沢さ。なので温度はその時の地下水の温度だそうですが、夏でもキーンと冷たいそうですよ。そして柔らかいお水で気持ちよかった!

12月に入水した体感は16~17度くらいでした!画像は男湯のもので、女湯はライオンの口から水が「ジャバー」っと出続けておりました。

お風呂のお湯が結構熱いので、お風呂⇔水風呂の交互浴を楽しむ人の姿もありました。それぞれの楽しみ方があって素敵。

京都銭湯「サウナの梅湯」まとめ

Lico
ということで、「サウナの梅湯さん」すごく面白い空間でした!もちろんサウナも水風呂も最高でした!

自分なりの意見ですが「面白いな~」「個性的だな~」「魅力だな~」って感じた特徴をまとめてみました。

①薪で焚くお風呂にはいれる
②天然水の水風呂にはいれる
③サウナにはジャズが流れている
④入れ墨・タトゥ-の人も入浴可能
⑤Free Wifiあり
⑥土日限定で朝風呂あり(6:00~12:00)

京都駅からも四条からもアクセス良しです。町家が並ぶ高瀬川散歩ついでに、ふらりと立ち寄ってみられるのも良いかもしれません(*^^*)

▼女性向けに化粧水サービスも嬉しい(*^^*)
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯
▼ちなみに2号店が滋賀の膳所(ぜぜ)に
オープンしたそうです!サウナ&水風呂あり!
京都、五条、銭湯、サウナ、京都駅、サウナの梅湯

京都銭湯「サウナの梅湯」詳細情報

【店舗名】サウナの梅湯
【住所】京都市下京区木屋町通上ノ口上ル岩滝町175
【電話番号】不明
【営業時間】14:00~26:00 / 土・日曜限定 朝風呂 6:00~12:00
【定休日】木曜日
【サウナの梅湯Twitter】https://twitter.com/umeyu_rakuen?lang=ja
【料金】大人430円(サウナ代込)

【京都駅からのアクセスマップ】