【三重】サ滝フェスでテントサウナ後に滝壺ダイブ!感動しまくり体験談!

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

スポンサーリンク




Lico
世界のサウナトラベラーLico(@SaunaLico)です。

先日、三重県紀宝町にある飛雪の滝キャンプ場で、2020年11月28.29日(土日)に開催されたテントサウナの祭典「第1回サ滝フェス」に参加してきました!申し込み期間が短期だったにも関わらず、すぐ定員に達し、結果、抽選となった大人気のフェスで、全国からサウナーが大集結しました。

空前と現れた「テントサウナの聖地」でどんな感動体験が待っていたのか?サウナ好きが唸るポイントが盛り沢山のフェスでした。た~~~っぷりの画像と共に、全貌をご紹介してみたいと思います♪

「サ滝フェスって何?」「次回是非参加しようと思っているのだけど。」「今回は抽選に外れてしまったけれど今度こそ!」なんて人は必読ですよ!

サ滝フェスのラインナップをご紹介

▼サ滝フェスに参加したテントサウナ等のラインナップをご紹介!
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

MIZUJAPAN(ミズジャパン)さんのサボッタ。フィンランドから取り寄せたテント型のサウナです。めちゃ高温で汗だくだくでした!
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼MIZUJAPAN(ミズジャパン)さんのフィンランドKirami社から取り寄せたホットタブ!滝を眺めながらの露天風呂最高でした!
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

メトスさんのサボッタ
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼ヴィヒタもあったので室内中香りが漂い幸せでした♪
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

Lico
このサボッタでは熊野サウナクラブさんの『漢方ロウリュ』も楽しめましたよ。ブレンドした薬草を浸した水でロウリュすると、室内に漢方の香りが。薬草サウナフリークの私としては堪らない体験となりました。

▼滝壺の目の前にもサボッタが!
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

TOTTONOWさんのフィンランド製トレーラーサウナも参加されていました。
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

Lico
アロマブレンドでロウリュしてもらえて、しかも室内110度ほどまで上がり最高に気持ちの良いサウナ体験でした。しかも!このトレーラーはサウナ室内でパーカッションができるのです!?最初、意味が分からなかったけれど、1段目の椅子の下にドラムセットがあったり、マラカスみたいなのがあったりで、ドラムの音でリズムを刻みながら私はマラカスみたいなのをフリフリしながら「ひゅ~~♪」とか叫んでました。テンションが不思議(笑)そして遊び心が過ぎる。

このあとの滝壺ダイブは、控えめに言って素敵すぎました。

▼サウナで温まった後はサ滝フェスの主役である滝壺ダイブ!
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場
Lico
飲めるほどきれいで透き通ったお水がウリ!この日の水温は11度。もうすぐでシングルじゃん!本当に冷たくて気持ちよかった!もう参加者の皆さん変な声あげてました(笑)

私は命の危険を感じたので秒単位でしか水風呂に入れませんでしたが、滝まで泳いで滝行できている人たちもいましたよ。

滝は30m!水風呂を楽しみながらマイナスイオンたっぷり浴びられます。私は国内外のサウナ巡りをライフワークにしていて、色々なサウナを訪れていますが、ここまで圧巻な水風呂は初めてです。唯一無二の水風呂と言っても過言ではないです。本当に素晴らしい環境です。

▼滝壺ダイブの後は滝を眺めながら、インフィニティチェアで外気浴♪
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼滝目の前のボードで寝そべることもできました。
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼虹も美しい。
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼薪もたっぷり
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼受付ではアルコール消毒液を設置し、検温も実施されており、コロナ対策もバッチリで安心して楽しめました。
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

主役はアウフグース!

さて!楽しみはサウナと水風呂だけじゃない。今回は2人の熱波師によるアウフグースが主役だったのではないでしょうか。テントサウナの魅力が倍増しましたよ!

▼熱波師お1人目は箸休めサトシさん。Aufguss Professional Teamのリーダーをされているプロの熱波師さん!
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼熱波師お2人目は五塔熱子さん。Aufguss Professional Teamの紅一点で、全国津々浦々の男女サウナにてアウフグースを提供されています。
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼毎日のイベント情報
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼アウフグースが行われたのはMIZUJAPANさんの大型サボッタで激アツでした。

▼大変ラッキーなことに、箸休めサトシさんのゲリラアウフグース受けれた~!
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

Lico
残念なことに五塔熱子さんのアウフグースは受けれなかったのですが、箸休めサトシさんのは受けることができました!

音楽が流れるなか始まり、演技あり、じゃばじゃばロウリュあり、笑いあり、手拍子ありであっという間の9分間でした。熱波が送られてくると全員叫んでいました。歓喜のお叫び(笑)途中「人生色々あるけれど、それでも生きていかなきゃいけないんだ~」なんて叫ばれてて「仰るとおりだわ」と泣きそうになったりもしました。私は情緒不安定なのでしょうか(笑)感動と幸せをありがとうとお伝えしたい。芸人さんならではのエンターテインメント溢れるアウフグースで、素晴らしかったです。

その後の水風呂は、もう言うまでもなく至福でした!

サウナヨガで汗だく体験も!

▼サウナヨガレッスン風景
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

Lico
そしてそして、大型サボッタではヨガインストラクター若狭隆子さんによる、サウナヨガも体験できました!「サウナでケアヨガ」を都内のサウナ・スパ施設で提供されているお方です。

私も参加しましたよ。隆子さんのサウナヨガってね、少しの動きだけで汗だくになるんです。不思議でしょうがない。リンパをしっかり流して、太陽礼拝で終了。

そして滝壺にダッシュ!

物販コーナーの紹介

物販コーナーのご紹介です。

▼MIZUJAPAN(ミズジャパン)さんの物販コーナー
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼あさとさん(Saunagirl)の物販コーナー。あさとさんはブロガーでもあります。全国のサウナ情報が豊富なブログです♪
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

安住麻里さんの物販コーナー
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼似顔絵コーナーが大人気でしたよ!
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼三重県北部にある菰野町のローカルメディアKomonomaniaX(コモノマニアックス)さんの物販コーナー
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

飲食コーナーの紹介

食べ物は1日目のみでしたが飲食コーナのご紹介

▼ナンコツうどん

▼アマゴ塩焼き
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼スウィッチェル
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼地元産のみふね酢
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

Lico
スウィッチェルは、みふね酢と、新姫(にいひめ)という柑橘と、地元のみかんの蜂蜜と、生姜の入った飲み物です。甘酸っぱくてお酢の香りも優しくて、サウナ後にぴったりの飲み物でした。私はハマってしまい、3~4杯ガブガブいただきました(笑)

▼マイヤーレモンの芳香蒸留水(フレグランスウオーター)抽出デモンストレーション
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

Lico
マイヤーレモンとは、レモンとオレンジをかけ合わせてできたもので9割は三重の紀宝町で生産されている特産品です。芳香蒸留水とは、アロマオイルを抽出するときに得られる水のこと。蒸留器を使って、マイヤーレモンをたっぷり使った芳香蒸留水を作っていました。匂いを嗅がせていいたのですが、とっても優しい香りでした!

トークイベントもありました♪

トークイベントもありました!私は今回ゲスト参加していて、トークイベントに登壇させていただきました。

▼初日17:00~17:45まで行われたトークイベントの様子
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場
Lico
登壇者は安住麻里さん、あさとさん、わたくしLicoの3名で、司会は五塔熱子さんでした。

イベント内容ですが、安住麻里さんは「沼へのはめ方」ということで、友人・知人にサウナをハマらせたお話を。大阪在住のあさとさんは、地元で愛しているヘルシー温泉タテバの魅力を熱く熱く語られていました。私はラオスのルアンパバーンで体験したレモングラスの香り漂う、薬草スチームサウナのお話をさせていただきました。

カジュアルな雰囲気の中、お客さんも温かくて、とてもリラックスして楽しむことができました(*^^*)

▼2日目10:00~10:30まで行われたトークイベントの様子
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

Lico
2日目はテントサウナの近くで、更にカジュアルな雰囲気でのトークイベントでした。

司会は箸休めサトシさん。登壇者は同じで今回はサウナクイズ大会でした。それぞれの得意分野からの問題を私達が出題して、参加者が答えるというスタイル。優勝者には何と!箸休めサトシさんのマンツーマンアウフグースに加え、安住麻里さんとあさとさんから販売グッズのプレゼントと、豪華でした。今回貴重な経験をさせていただき感謝感謝でした。

▼お世話になったサ滝フェスプロデューサーの佐竹さん
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

地産地消の超豪華な夜ご飯の紹介

さて、もうひとつの主役は料理だったのではないでしょうか。とにかく素晴らしすぎた!夜は2部制で、サ滝フェスサウナー交流会が開催され、そこで豪華すぎる地産地消の料理が振る舞われました。(参加費3000円)
コテージ泊で2日間参加の方達の多くが、こちらの夕食を利用されたと思います。料理担当はフリーランス料理人のなおさん

▼なおさん

▼豪華すぎる夕食たち

▼サウナー交流会の様子
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼小エビの唐揚げ&さめの唐揚げ
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼寿司(鯛、鰹、鯵、つばす)
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼鯛のカルパッチョ 御浜町のみかんドレッシング
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼鰹のたたき
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼御浜町みかんとココナッツのゼリー

【夜のメニュー】
・かぼちゃと芋のきわみそサラダ
・鯛のカルパッチョ 御浜町のみかんドレッシング
・鰹のたたき
・さめの唐揚げ
・熊野野菜のピクルス
・風呂吹き大根「紀和味噌」のゆず味噌
・小エビの唐揚げ
・寿司(鯛、鰹、鯵、つばす)
・御浜町みかんとココナッツのゼリー
・伊勢海老のビスク

▼魚は鵜殿港で採れたタイ、伊勢海老、サメ等など。釣りにまで行って食材ゲットなんて素敵すぎる。
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼伊勢海老は美味しいビスクに大変身!

▼二木島(にぎしま)水産女子チームからはサバと鰹を大量におすそ分けいただいたそうです。
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼みかん農園さんにも訪れて食材をゲット!

▼野菜も果物も地元のものばかり
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場 サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼私もた~っぷりといただきました!
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

夜のライトアップ&テントサウナタイム

宿泊組は夕食後にライトアップされた滝を眺めながら、さらにテントサウナを楽しむことができました♪

▼ライトアップ!
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場 サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

地産地消の朝ご飯の紹介

朝ご飯もなおさん担当で、本当に美味しかった!

▼朝もビュッフェスタイル(1000円)

▼主役は鯖サンドの鯖!
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

▼Garden breadのお取り寄せパン美味しかった!これに鯖をサンドしたり、カードをつけたりしていただきました。

▼朝から滝を眺めながらの朝食タイムは格別でしたよ。

【朝のメニュー】
・地元きのこのバターガーリック炒め
・カリフラワーのサラダ
・ソーセージトマトソース
・Garden breadのパン
・レモンカード
・みかんカード
・みかんマーマレードジャム
・ピクルス
・鯖サンド マイヤーレモン
・みかんドレッシングサラダ

最後はみんなで集合写真!

2日目も同様に皆思い思いにサ滝を堪能しました。

▼そして最後は全員で記念撮影!もう思い残すことはなかったです。
サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場

サ滝フェスまとめ

サ滝フェス@飛雪の滝キャンプ場
Lico
以上、サ滝フェスのご紹介でした!いかがでしたか。本当に盛り沢山で、楽しくて、気持ちよくて、刺激的で、美味しい幸せなひと時を過ごすことができました。私まだサ滝フェスロス状態です(笑)

やっぱり唯一無二の滝壺ダイブが素晴らしかった!一度体験するとクセになり忘れられない。決してアクセスが良い訳ではありませんが、一度訪れる価値ありありの場所です。参加者の多くが、次回も是非参加したいと言ってました。これからの季節はシングルの水風呂体験もできそうですね!刺激的過ぎる。

今回は第1回サ滝フェスでしたが、好評であれば第2回も企画されるそう。告知は公式Twitterからなので、ご興味のある方は要チェックですよ!

最後までお読みくださりありがとうございます!

スポンサーリンク