【シェムリアップ】「MUDITA SPA」でカンボジア伝統チュポン&薬草サウナの贅沢体験!

シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

スポンサーリンク

Lico
世界のサウナトラベラーLico(@SaunaLico)です。

シェムリアップの超高級ホテル「BOREI ANGKOR RESORT&SPA(ボレイ・アンコール・リゾート&スパ)」内にある

「MUDITA SPA(ムディタスパ)」

で、カンボジア伝統サウナ「チュポン」を体験してきました!

おすすめポイントは、チュポン代25min(25US$:約2795円)を支払えば、チュポンだけでなく、ホテル内の屋外プール、男女別ジャグジー・水風呂・サウナ・ハーバルスチームサウナが時間制限なく使い放題ということ!(トリートメントを受けない場合は(10US$:約1119円)支払うと利用できます!)

約10種類の生ハーブを使用したチュポン後に、更に薬草スチームサウナにはいれて、ジャグジーの水風呂側で引き締められる!という素晴らしく気持ちの良い時間を過ごすことが出来ました♪

地球の歩き方 アンコール・ワットとカンボジア 2019~2020」でも紹介されています!

早速ルポしてみたいと思います!

写真撮影について、了承いただいております!

【シェムリアップおすすめチュポンまとめ記事】

「MUDITA SPA(ムディタスパ)」の外観

▼MUDITA SPA(ムディタスパ)併設の
BOREI ANGKOR RESORT&SPA
(ボレイ・アンコール・リゾート&スパ)は超ゴージャス!
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼ホテルロビーの風景
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談 シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼MUDITA SPA(ムディタスパ)はロビーを
突っ切ったプールの先にあります。
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談 シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

「MUDITA SPA(ムディタスパ)」潜入ルポ!

▼こちらが入口で奥がスパエリア
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼看板が目印です。
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼レセプションに本物ハーブのデコレーション!
期待が膨らみます♪
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼これまたゴージャスなスパのロビー!
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

「MUDITA SPA(ムディタスパ)」チュポンの感想

▼2階のロビーに案内され、いよいよチュポン体験♪
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼パッションフルーツティーでスタート!
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼そしてチュポン前に足湯してスタッフの女性が
軽くマッサージしてくれます。
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼チュポンはマッサージルームの一角にあります。

▼こちらがチュポン!
タイのハーブテントに似ていますね。
というか名前が違うだけでほぼ同じですね。
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼シャワールームもあります。
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼中には生ハーブを焚いた鍋が入っていて
スチーム(蒸気)が黙々と上がっています。
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼こんな感じでタオルを一応巻いて入ります。
中では全裸になり全身の皮膚から吸収しました(*^^*)

▼紙パンツも用意されていましたが
私は特に履きませんでした。

▼チュポンを焚いている鍋を撮影!
何と全部生ハーブを使用!素晴らしい!
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼ドアップで。
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

Lico

こちらのチュポンは、自然の植物やカンボジアで育った生ハーブ(薬草)約10種類を使用しているそうです。

スタッフの方に種類を聞いたら、イエロージンジャー・レモングラス(根っこ)・レモングラスリーフ(葉っぱ)・タマリンド・ライム等を使用しているそうです。あとは「ちょっと分からない」と…分からんのんかい!(笑)と思いながらも、香りはジンジャーとレモングラスが中心ですね。根菜類の奥深い香りもしました。

発汗具合はとにかくすごかったです。玉の汗をかきながら、途中、お水を頂きながら25分ガッツリと汗を流しました。

終わった後の水シャワーが素晴らしく気持ちよかったですね。全ての旅の疲れが流れたように感じました(*^^*)

ちなみに、チュポンは男性でもOKです!

「MUDITA SPA(ムディタスパ)」高温サウナの感想

さてチュポンやマッサージ等、
何かトリートメントを受けた人は

・高温サウナ
・薬草スチームサウナ
・ジャグジー(お湯&水風呂)
・屋外プール

が時間制限なしで使いたい放題!

屋外プール以外は男女別の空間でそれぞれ楽しむことになります。ちなみに全エリア水着着用です。

▼2時間いたけど貸切状態だったので動画におさめました。
良かったら参考にどうぞ。

▼屋外プール以外は同じ空間にあります。
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼化粧エリアには
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼アメニティ、ドライヤー付。
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼シャワールームもあって
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼ボディソープ、シャンプーあり。
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼お手洗いもあって
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼薬草茶も飲み放題!
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

▼こちらが高温サウナ!
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談 シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談
Lico

正直、温度がかなり低い…高温サウナのはずなのですが、実際には高温サウナではなく…恐らく50~60度位ではないでしょうか。この空間に2時間いたけど、一向に温度が上がらないので、デフォルトなのだと思います。

ということで私が入り浸ったのは薬草スチームサウナでした。

「MUDITA SPA(ムディタスパ)」薬草スチームサウナの感想

▼右が高温サウナで左がスチーム
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談 シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談
Lico

チュポンと似たようなハーブを使用した薬草スチームサウナ!チュポンと比べると温度は低く、40度位だったと思います。あまり温度は高くないけれど、スチームは定期的に自動補充されるので気持ち良いです!

あ~裸だったらもっと堪能できるのになぁ。。。香りは素晴らしく、しかも貸切状態だったので、寝っ転がったりして随分と寛がせてもらいました。

「MUDITA SPA(ムディタスパ)」ジャグジーの感想

▼ジャグジー!奥がお湯で手前が水風呂。
シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談

Lico

ジャグジーのおすすめポイントは、お湯と水風呂があること!お湯は38度くらい、水は22~23度くらいといずれもぬるめ。でもスチーム後の水風呂は最高に気持ち良い!お湯と水風呂の交互浴もしちゃったりして(*^^*)

写真だとジャグジーになっていませんが、本当はボコボコと気泡が沸いていて、ジェットバスを楽しめました(*^^*)

「MUDITA SPA(ムディタスパ)」プールの感想

シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談 シャムリアップのボレイ・アンコール・リゾート&スパの「MUDITA SPA(ムディタスパ)」でカンボジア伝統チュポン体験談
Lico

私は薬草スチームサウナとジャグジーを2時間ほど楽しんでいたら(気持ちよくて離れられなかった…)、次の予定の時間になってしまい、急いで後にしたので、プールを楽しむことは出来ませんでした。

見る限り、欧米の人々がベンチで横になったり、カクテルを楽しんだり、まるで海外ドラマに出てくるような光景が広がっていましたよ!たとえトリートメントを受けなくても、これら全てを10USドルで楽しめると思うと、コスパが良すぎると思いました!

「MUDITA SPA(ムディタスパ)」まとめ

Lico

いかがでしたか?さすが高級ホテル併設のスパだけあって”生ハーブ使用”とこだわりが見られました(*^^*)日本のハーブはほとんどが乾燥ハーブなので、豊穣な土地で育つ生ハーブを、直接肌から取り込めるのは貴重な体験ですよね。

ジャグジールームは男女別だけど、内容は全く同じだそう。カップルは一緒には楽しめないけれど「1時間後にプールで待合せね!」なんて楽しみ方もできるのではないでしょうか。

一歩外に出れば、赤土の土埃が舞う道が広がる、喧騒のシェムリアップの街で、まるで別世界の豪華絢爛な空間を楽しめるラグジュアリーなチュポン&スパ体験でした。

家族でも、カップルでも、友人同士でも楽しめるであろう素敵空間。スタッフの笑顔も印象的でした。個人的にとってもおすすめです!

「MUDITA SPA(ムディタスパ)」詳細情報

【店舗名】
【住所】No.369 National Road 6, Banteay Chas, Siem Reap, Kingdom of Cambodia
【電話番号】+855 63 969 300
【問合せemail】info@boreiangkor.com
【営業時間】9:00~0:00
【URL】(ホテル公式)https://www.boreiangkor.com/
(スパ公式)https://www.boreiangkor.com/spa
【料金】チュポン25min(25US$:約2795円)
※プール、ジャグジー、高温サウナ、薬草スチームサウナ、アメニティ使いたい放題
※水着のみ持参が必要

【MUDITA SPA(ムディタスパ)の場所】

スポンサーリンク