【ネパール】Ayurveda Health Homeで念願のアーユルヴェーダ&薬草サウナ体験談!

Lico
世界の薬草サウナトラベラーLico(@SaunaLico)です。

先日ネパールのカトマンズで、5000年の歴史あるインド伝承医学”アーユルヴェーダ”を体験してきました!

念願だったので喜びもひとしお。せっかくなので、アーユルヴェーダランチ含む1日コースを申し込みました。受けた施術は以下6種類。私の愛する薬草サウナはそのうちのひとつに含まれます。

●リラクゼーションヘッドアビヤンガ
●全身ウバタン
●全身薬草スチームサウナ
(1時間のランチブレイク)
●フェイシャルビューティーパッケージ
●チャクラバスティ
●シロダーラ

本当に素晴らしい経験でしたので、是非シェアしてみたいと思います!

目次

「Ayurveda Health Home」の外観

▼Ayurveda Health Homeの外観

お世話になったのは

Ayurveda Health Home

ネパールにおけるアーユルヴェーダの第一人者Dr.コイララとドイツ人女性が共同経営されており、伝統ある有名な施設になります。市街地から配車アプリIn Driveで約20分(約350円)。静かな住宅街に建つ一軒家です。

庭にはお花が咲き乱れ、とても美しく来て早々癒されます。

そして、ここ熟練セラピストいて、とてもおススメです。
受けた施術順にご紹介していきますね。

▼入口。門を開けて入ります。

▼お花がいっぱい

▼看板

▼入口

▼玄関

▼受付

▼ロビー

▼アーユルヴェーダでは定番のティー

▼薬草がいっぱい!

リラクゼーションヘッドアビヤンガ

▼施術室

Lico

1つ目はリラクゼーションヘッドアビヤンガ(20分位)

こちらは9種類のオイルをブレンドしたヘッドスパになります。私は椅子に座った状態で、まず頭皮にオイルを染み込ませていきます。草花の良い香りです。

指圧が中心でとても力強い。髪の毛を引っ張ったりもします。う~ん、気持ち良い。額まぶた耳首も腕も手もマッサージしてもらえました。既にうっとり。

この女性セラピスト期待できるぞ。アーユルヴェーダを5年学んで、8年のキャリアをもつ熟練スタッフShikha Tamangさんでした。まだお若いのに腕は確か。

▼メインで施術してくれたShikha Tamangさん

全身ウバタン

▼ピッタパウダー(pitta powder)

Lico

2つ目は全身ウバタン(60分)

天然素材100%のピッタパウダー(pitta powder)という粉状の薬草をお湯とオイルに混ぜたものを、体中に塗りたくりながらの全身スクラブになります。柑橘&花の香りがとても良い。残念ながら非売品。

ブレンド具合によって異なりますがペパーミント・イランイラン・ターメリックパウダー・ローズマリー・レモングラス・ウコン・ラベンダー・ジンジャー・ローズヒップ・ホーリーバジルetc.が含まれています。

アーユルヴェーダの理念では、全ての生き物の体は、3つの要素「ヴァータ」(風)「ピッタ」(火)「カパ」(水)で構成されています。ピッタが増えすぎると、体に熱(火)がたまり、精神的には攻撃的になります。そういった心と体、精神のバランスを整えてくれるのが、pitta powderになります。

アーユルヴェーダはその人に合った薬草を使用するので、もしあなたが施術を受けた場合、異なるパウダーを使用されるかもですね。

こちらの施術が最高に気持ち良かった。もう1人セラピストが入室してきて、ダブルハンドでのマッサージ。ふくらはぎ、もも、おしり、せなか、デコルテ、表向きになってうで、足、お腹、胸と順番に余すところない施術。そして2人の息が合いまくっている。オッパイも容赦なくグリグリされました(笑)もう、気持ち良過ぎて「どうにでもして」って感じ。

住宅街なので静かだし、鳥のさえずりも聞こえてきて、施術に集中できる環境もかなり素晴らしいです。

終わった時には、全身pitta powderだらけで凄いことになってました。

▼全身pitta powderだらけ

全身薬草スチームサウナ

▼ボックスタイプの薬草サウナ

Lico

3つ目は全身薬草スチームサウナ(30分)

私が1番楽しみにしていた薬草サウナ!今回の旅では、ネパールとスリランカで本場のアーユルヴェーダを受けたのですが、ボックスタイプの薬草サウナがこの2か国でのデフォルトのようですね。外で薬草を焚いて、チューブで蒸気をサウナ室に送るスタイル。

全身pitta powderだらけの状態で、サウナ室に寝転んで楽しみます。

使用されている薬草は、アーユルヴェーダの代表的なハーブミックスダシャムラ(dashmool)とヨモギ。DASHとは「10」の意味。「MOOL」とは「根」の意味。10種の根っこが絶妙に配合されたハーブミックスになります。

dashmoolの内訳はトウジンビエ・イヌホオズキ・テンジクナスビ・ハマビシ・ベルノキ・アグニマンタ・ソリザヤノキ・グメリナ アルボレア・ステレオスペルマム スアベオレンス・タマツナギです。

この薬草スチームサウナ、香りはほとんど感じませんでした。ちょっと残念…。ですが、なかなか熱かった!寝転びながら体中から汗なのかスチームなのかが流れ落ちます。顔は外に出していられるのだけど、もう我慢できない位熱くなって、私は20分でギブアップしました。でもやっぱりスチームサウナは気持ち良い!

そしてシャワールームで体中のpitta powderと汗を洗い流して、午前の施術は終了。楽しみのランチブレイクです。

▼蓋を開けて…

▼布を敷いて…

▼この中に顔だけ出してスッポリはいります。

▼チューブで蒸気が送られます。

▼外で薬草を焚いてました。

▼シャワールーム

アーユルヴェーダランチブレイク

▼アーユルヴェーダランチ

Lico
バスローブを巻いた状態で、別室に移されたら、とっても可愛いおばちゃんが手作り料理を運んできてくれました。メニューは

・豆のスープ
・人参の炒め物
・野菜カレー
・バスマティライス

凄く凄く優しい味でした。こちらにもアーユルヴェーダの理念に添ったスパイスが使用されています。といっても辛さはほとんどないので、どなたでもいただけます。美味しくてご飯3杯分全部食べちゃい完食しました。久しぶりに食べることに集中できる有意義な時間でした。

しっかり温まった状態で、温かい料理をいただくと何が起きるか?そう汗が噴き出して止まらなくなります(笑)。冷房というものはこの施設にはありません。常温のお水をいただき汗を拭きながら少し休憩し、ベッドで横になりゆっくりしました。ランチブレイクは1時間なので、すっかり満腹感も落ち着き、さて午後の施術へ。

▼優しいおばちゃん

▼豆のスープ

▼人参の炒め物

▼野菜カレー

▼混ぜ混ぜしていただきます♪

▼ブレイクタイムのお部屋

フェイシャルビューティーパッケージ

▼薬草のペースト

Lico
4つ目はフェイシャルビューティーパッケージ(30分程)

ベッドに横になった状態で顔パック。パウダー状の薬草を水に溶かしたペーストを顔に塗ってもらいます。ひんやりしてて気持ち良かった!若干、草っぽい香りがしました。残念ながら使用薬草は「不明」とのこと!?な、なんと…。でも分からないのであれば仕方がない。

ちょうどお昼寝タイムだったので、夢の中に入りそうな時にペーストを拭き取られました。

▼パックを塗ってもらった後

チャクラバスティ

▼シンキングボウル

Lico

5つ目はチャクラバスティ(30~40分)

小麦粉の生地をおへその周りに置き土手を作り、温めたハーブオイルを垂らす施術で心身浄化法の1つです。通称“へそのオイル風呂”と言われています。

その状態でシンキングボウルを体にくっつけていくつも置かれ、ひたすらシンキングボウルをボヨンボヨンとめちゃくちゃ近い距離で鳴らされます。全ての音は異なるそう。なんとも不思議で神秘的な音色。リラックスできて深い心身の癒し効果があるとか。

えっとですね、正直な感想を述べますね。私の感受性が乏しいのか…あまりにも近い距離で勢いよくボヨンボヨンと鳴らされるものだから、なんかプププと笑えてきてしまって…(ゴメンナサイ、ゴメンナサイ)必死に笑いを堪えながら、というか我慢しながら時間が過ぎていきました。ああ、私がもう少しシンキングボウルに明るければこんなことにはならなかったはず!

しかし侮るなかれ。チャクラバスティが出来るようになるには、かなり長年のキャリアが必要らしく、このシンキングボウルを鳴らすためだけに、違うセラピストが現れたくらい。そして鳴らしまくって無言で去っていきました(笑)。

▼へそのオイル風呂

▼ボヨンボヨンと鳴り続けるシンキングボウル

シロダーラ

▼シロダーラポット

Lico
6つ目最後はシロダーラ(30~40分)

シロダーラポットの中に温かいゴマ油(ココナッツオイルやオリーブオイルの場合もあり)を入れて、眉間にある「第3の目」と呼ばれる第6チャクラにオイルを垂らす施術です。

深いリラックス効果があり、第6チャクラを開くとも言われています。

私以前、5年ほどシロダーラに通っていて大好きな施術のひとつです。チャクラにオイルを垂らし続けられると、そのうち意識が飛んだり、気持ち良すぎて寝てしまったり。でも施術後はパッキーンって目が開いて、視界良好、頭も物凄くスッキリするのです。まるで覚醒したみたいになる。この感覚って少しサウナ後の感じに似ています。それがクセになる気持ち良さなのですよね。まだ未体験の方は、是非受けてみて欲しいです。

ということで終わってしまった。髪の毛は拭いてくれますがオイルだらけ。というのも、すぐに洗い流さないほうが効果が持続するので、まっすぐホテルに帰ることをおススメします。

▼シロダーラ中

「Ayurveda Health Home」まとめ

▼お世話になったセラピスト達と記念撮影

Lico
以上、ネパールでの1日アーユルヴェーダ体験談でした!

いかがでしたか。

日本では全身オイルマッサージやシロダーラは、かなり有名で多くのサロンで受けられますが、アーユルヴェーダフルコースはやはり現地ならではの魅力ではないでしょうか。

そしてセラピストがきちんとしたアーユルヴェーダ学校で習った方達であることが分かりました。使用される薬草も本当に種類が豊富。アーユルヴェーダに薬草は大変重要なものですね。

Ayurveda Health Homeはとても安全な施設なので、1人でも安心して伺うことができます。1時間~14日間の様々なコースが提供されているので、予定に合わせて行かれてみてはいかがでしょうか。

私が受けたのはプログラム II(https://ayurveda.com.np/wellness-packages/)です。英語での問合せ→予約となります。お返事すぐにドクターからきます。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

「Ayurveda Health Home」詳細情報

【店舗名】Ayurveda Health Home
【住所】Tokha-07, Dhapasi Tilingatar, Kathmandu, Nepal
【URL】https://ayurveda.com.np/